« 納涼祭~~ | トップページ | 母のこと、私のこと、両親と私のこと。 »

2013年8月 7日 (水)

おむつ交換十級自己認定?

おかげさまでだいぶ上手になりました。
もちろんそんな検定はないでしょうがね。(笑)
あったとして資格として一番下のランクとして、十級を自分にあげたいです。
寝間着着替え認定は九級かな。
おむつ交換より少しだけスムーズにできるということで。
そんな馬鹿なことを考えながら過ごしています。

昨日は姉と姉の孫が来ました。
つまり母の曾孫ですな。
優しい子です。
小学二年生なりにこの現実に向き合おうとしている。
この「経験」は彼女にとって決して無意味なものにはならないことでしょう。

姉が来てくれているときには、できるだけ姉に頼めることは頼むことにしています。
姉には姉の生活がある。
仕事で責任ある役職に就いたばかり。
そう頻繁に休みはとれないし時間も自由にならない。
それプラス一番下の子が高校三年の受験生。
姉は姉でてんてこ舞いなのだ。
母の介護を主に私が受け持っていることについて負い目を持っているように思える。
手伝いたいのに手伝えないジレンマ。
姉も苦しんでいる。
だからその背負った負い目を少しでも解消してあげる。
家にいるときには、なるだけ用事を頼む。
来てくれるときに買い物を頼む。
そうすることが姉を少しだけ楽にする。
そんな気がしている。
私の恋がしたい現状、もとい、腰が痛い現状も(←しつこい?)それで助けられるなら一石二鳥だ。

昨日は訪問のクリニックの先生が来てくれた。
丁寧な診察、温かい言葉。
この先生と巡り会えてほんとうによかった。
「可能な限り家で」という選択もこの先生がいるからこそ。
「お盆休みはありません。いつでもお電話ください」と言ってくださる。
ありがたい、頭が下がる。
診察が終わり家を出るとき、微妙な、難しい質問をした。
「母の『時間』はどれくらいですか?」
答えづらい質問だったと思う。
真摯に答えてくれた。
答えてくれた「期間」はあえてここでは言うまい。
それほど長くはない、ということだけ。

先生が帰って、姉も帰って。
いつものように父と三人で夕食。
ものすげー食欲だ。
ありゃ、先生に食欲が落ちているって言ったばかりだよ。
食欲と表情が「状態」のバロメーターになるようだ。
食欲があることがマイナスになるわけがないことは素人の私にだってわかる。
それで「そのとき」が少しでも伸びるなら嬉しい誤算である。

母の顔につける化粧水と乳液。
新しいのを買った。
買わなくてもたぶん足りる。
でも足りなくなることを夢見てあえて新品を買った。
これも現実逃避の一種なのかな。

今朝、寝坊した。
寝坊という表現は適切でないかな。
早朝ちゃんと起きた。
二度寝でもない。
トイレに行って顔を洗って、部屋に戻って体重を測って着替えをして。
その状態で軽い気持ちでソファーで横になって・・・そのまま・・・
それでも偉いことにときどき母の様子を見に行っているのですよ。
戻ってまたごろん。
たちが悪いな、こんな寝坊もどき。
対策を考えんとな。
今、対策を決めて打ってプリントアウトしたところ。
よし、これを最後の寝坊にしよう。
あれ?
このセリフ、無限の回数言った記憶がある?!(苦笑)


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 納涼祭~~ | トップページ | 母のこと、私のこと、両親と私のこと。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1939754/52780839

この記事へのトラックバック一覧です: おむつ交換十級自己認定?:

« 納涼祭~~ | トップページ | 母のこと、私のこと、両親と私のこと。 »

フォト

人気ブログランキング


にほんブログ村

  • にほんブログ村

最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ